自社のポリシーを理解してもらう

自社商品を自社の社員以外に販売してもらう方法として、代理店を利用する方法と営業代行を利用する方法があります。代理店は自社と会社組織が別で、代理店の営業ポリシーの元で活動するので自社に合わせてもらう必要はありません。一方営業代行を利用すると営業の担当者が派遣されてきて、自社の社員と同様に自社の社員として営業活動を行ってもらいます。つまりは自社の営業ポリシーの元で活動してもらう必要があり、事前にそれを伝えて把握してもらわないといけません。単に営業のプロが来てどんどん販売してくれると思いがちですが、派遣されてくる人が勝手にに販売活動をするわけではありません。営業ポリシーが自社に近い営業代行会社なら依頼もしやすいでしょう。

販売してもらう商品に問題が無いか

それぞれの会社は自社製品をいかに販売するかを考えますが、なかなか売上が伸ばせなくて困るときもあるでしょう。この時に営業代行サービスを利用して営業のプロが来てくれれば、どんどん売ってくれるのではないかと考えるかもしれません。しかし営業のプロなら何でも売れるわけではなく、売れない理由がある時は容易に売れないでしょう。営業代行サービスを利用するときは、事前に販売してもらう商品に問題が無いかを十分検討してから依頼しないと依頼料が無駄になる可能性があります。売れない理由が分からないときは、その分析から行ってくれる営業代行サービスを利用しましょう。マーケティングに強い営業代行サービスなら、売り方などの提案もしてもらえます。

営業代行を利用すれば社員のコストを抑えた企業活動ができます。営業を変わりに行ってもらえることで業務へ集中することができるのもメリットです。