多くの来場者を呼び込む企画を考える!

展示会は開催される規模によって参加ブースや来場者の数に違いがありますが、展示会成功の鍵はいかに来場者の数を増やせるかにかかっています。来場者が多ければ、参加した企業などにとっても新規顧客の開拓など、ビジネスチャンスが広がるのです。多くの来場者を集めるためには、その展示会の内容に興味のある人にとって魅力的な企画を考えることが重要になります。消費者の潜在的な需要が高いジャンルや商品、サービスなどをリサーチし、同じジャンルの他の展示会に負けない様ような、何かしらの特徴を打ち出した企画を計画するのです。来場者がただ目で見るだけではなく、手に取ったり実際に試せるなどの体験型の企画や、専門家による講演など宣伝効果や話題性が高い目玉の企画を打ち出すことも一つの方法になります。

来場者の導線を考えた案内やしかけ

事前の広報活動などで多くの来場者が展示会に訪れたとしても、実際に来場した人々がより多くの展示会ブースに興味を持ってくれなければ展示会が成功したとは言えません。受付をスムーズに済ませられるようにスタッフを配置し、来場者が見学しやすい導線を考えた会場設営を行う必要があります。参加企業のブースの配置やエリア分けは非常に重要なポイントであり、来場者の導線がスムーズで展示ブースの奥まで興味を持って移動できるレイアウトを考える必要もあります。受付の際に出店ブースのレイアウトや参加企業の特徴が一目で分かるリストなど、来場者が効率よく希望する商品やサービスを見つけられる資料作成や案内を行うことも大切です。興味がある来場者がスムーズにそのブースにたどり着ければ、効率よく多くのブースを見学できるために、参加企業も案内しやすくなります。

展示会の施工はイベントなどを開く際に必要な人手を確保したい時に一緒に施工を手伝ってくれる業者があるので、活用すると便利です。