適性検査とはどんなもの?

適性検査は企業・職業・学科などに適した人材かどうかを判断するために行われる一種のテストです。同一の検査を実施することで、能力や性格といった目には見えない事柄が数値化され、客観的に判断するのに役立ちます。職業適性や組織適性、ストレス耐性などが明らかになるため、自社にマッチした人材なのかを見極める判断材料になります。そのため、新卒採用をはじめ、中途採用や既存社員の評価の際によく使用されています。他にも進学適性検査や音楽適性検査などもあり、目的に応じてさまざまな適性検査が活用されています。

適性検査で何がわかる?

適性検査の最大の特徴は、客観的に評価できるよう数値化されている点です。例えば、仕事に欠かせない知識・技術を習得する能力を有しているか、自社の社風や職場に順応できるタイプか、興味関心のある項目や仕事に対する姿勢などのデータを導き出すことができます。採用面接だけでこのようなパーソナリティを判断するのは非常に難しいことです。入社後のミスマッチをできる限り未然に防ぐためにも、適性検査は有効な手段の一つと言えます。

適性検査を行うメリット

特に新卒採用においては企業の規模によっても異なりますが、膨大な数の応募者を一斉に選考することになります。選考・採用までの時間は限られているため、すべての応募者を面接する余裕はまずないでしょう。そこで適性検査を導入することで、選考にかける時間を大幅に短縮することが可能になります。また、面接官の能力や個人的見解に左右されないため、客観的なデータに基づく公平な合否結果を出すことができます。

適性検査とは、ある事柄を行うに当たって正確な知識があるか、または正しく行動できるかを検査することです。