打刻方法が多彩に用意された仕組みを利用

勤怠管理といえばタイムレコーダーにタイムカードを差すタイプが一般的でしたが、タイムカードアプリを利用する仕組みなら不正やミスが起きにくいので導入を検討してみましょう。このときの選び方として打刻方法が多彩に用意されているタイプがいいかも知れません。導入しやすいのはICカードで出退勤を認識するタイプになるでしょう。出勤してきたときにカード読み取り機にカードをかざすとその時間に打刻をしたと認識してくれます。電子マネーのICカードなどであればどのカードでも登録ができます。完全に不正を無くそうとするなら本人しか行えない静脈認証や指紋認証タイプが良いでしょう。どちらでも使えるものがあり、複数使えればより導入がしやすくなります。

人事管理システムと連携ができるアプリ

打刻式のタイムカードは、1か月分打刻したカードを誰かが目で確認し、計算などをして人事管理システムに手入力する必要がありました。新たにタイムカードアプリを導入するのであれば、より楽に計算や入力できるタイプの方が良いでしょう。選び方のポイントとして、人事管理システムと連動できるかがあります。タイムカードアプリの中にはデータを記録したらすぐに自動計算を行い、データを受け渡す状態にしてくれます。そしてメジャーな人事管理システムであれば直接ネットワークを通してデータ送信が可能です。計算をするときと入力をするときにミスが発生しやすくなるので、そのどちらも自動化できるシステムならかなり効率化が可能になるでしょう。

会社にとって、社員の出社時間と退社時間は大事なことですから、タイムレコーダーを設置して、記録を残しておくべきです。