新入社員や中堅社員の場合

新入社員の場合には、必ずと言ってよいほど社員研修をする会社が多いです。そもそも、学生から社会人になるにあたって必要最低限の知識がなければ社会人として働くことができないからです。社員研修の内容としては、主に基本的なあいさつや電話対応などになります。それに加えて、その会社特有の働き方や仕事内容などを伝達することが重要になります。これらに関しては、中堅社員などを選抜して社員研修のリーダーとしてしゃべってもらうのが一番でしょう。ただ最近は、業者に依頼して行ってもらうことも少なくありません。

中堅社員に関しては、レベルアップをした内容にする必要があります。基本的な内容などを頭に入っていますので、さらに仕事の効率化に関するマトリックスなどを説明して仕事の効率化を図ることが大事です。社内でこれを指導することができる人もいるかもしれませんが、多くの場合は業者にお願いすることになるでしょう。

ベテラン社員の場合はどうか

ベテラン社員の場合には、社員研修はいらないットの考え方もありますが、実はベテラン社員ほど社員研修が必要になります。主な内容としては、リーダーシップに関する内容です。社内にこれを指導することができる人はほとんどいないため、多くの場合業者に任せることになるでしょう。業者に依頼した場合には、専門的な知識を持った講師が派遣されます。一般的にほかの会社には共通した内容になりますが、外部の人間が来ることにより今までよりも多くのことを得ることができる可能性が高いでしょう。

働き方改革が進められている昨今、管理職研修のあり方も変わってきています。旧態依然のやり方ではなく、時代の流れに合わせて研修内容を見直して行く事が大切です。